キャッシング生活から抜けられなくなりました。

20代前半の頃、就職した会社がブラック企業だったため(主に労働時間)早々と3ヶ月ほどで退職してしまいました。その当時は実家暮らしであった事と、お金に関しては非常にゆるい親だったため、仕事を辞めてから1年間、親からの小遣いで生活していました。

ただ、娯楽代も含めて月7万円と、退職した時にもらった100万円という金額は、私の金銭感覚を完全に麻痺させてしまいました。当時からパチンコ、パチスロのギャンブルが大好きだった私は、小遣いで貰ったお金をほとんどギャンブルにつぎ込んでいました。そんな生活が約1年間ほど続きましたが、私の父親も退職し、仕事をしていないため、すぐに貯蓄に余裕がなくなってしまいます。

私は無事就職が決まり、月々の収入を得ることが出来るようになるのですが、仕事終わりや休日には必ずパチンコ、パチスロに出かける毎日で、やはりお金はすぐに無くなっていきました。今でも本当に後悔していますが、今、SNSなどのWebサイトにも、ここぞとばかりにキャッシングやカードローンを促すサイトや広告が散りばめられております。

ギャンブルのせいで生活が苦しくなってしまった私は、cmなどで名の知れたカードローン会社に軽い気持ちで、ほんの10万円だけという気持ちで、Webサイトから申し込みをしてしまいました。特にローンなどを利用していなかったですし、すぐに審査が通りました。最初はこの10万円だけと思っていても、一度借りてしまい、ギャンブルも辞めずにいたら、あとは面白いように借金が増えていきました。

最初は限度10万円。1ヶ月後には50万円、半年後には100万円…今では計4社から借りて300万円の借金です。現在はギャンブルも辞めて、毎月少ないながらも滞納なく返済しておりますが、あの一回の誤ちで毎日、将来について不安が残る、そんな生活をしております。無理のない返済計画をとよく言いますが、実際借金をする時点で無理をしているわけですから、もっともっと真剣に借りる前に考えるべきだと思います。

と、当時の私に伝えてやりたいです。