病院の入院費用でカードローンを使いました

MENU

病院の入院費用でカードローンを使いました

元々あまり計画性のある生活をしていませんでしたが、これまで一切借金をせずに生活してきました。ある日同居していた家族が病気になり入院して急にお金が必要になりました。だけど、今月は友人の結婚式や、親戚の葬式などが立て続けにあり、貯金を使い果たしてしまったため、家族の入院費用などの医療費が足りなくなりました。

 

何とかお金を作らないといけなくなった時に、友人や親戚に相談したら、どこもお金が無くて貸してくれませんでした。困っていた時に偶然、TVを見ていたらでカードローンのCMが流れていて、これだと思ってネットで調べました。

 

店舗に行くと周りから借金をしていると悪いうわさが立つと思って躊躇してましたが、ネットの公式ページで簡単入力で審査して店舗に行かずに審査できる事を知りました。
ネットで簡単な個人情報と給与明細をスキャンして貼り付けて、必要な現金20万円と入力してネットで審査をしました。

 

それから、10分後に消費者金融の会社から電話で申し込みしたかの確認の電話が来ました。審査を申し込んで6時間ぐらいで審査が通り、指定した口座に20万円の入金をしましたとメールで連絡が来ました。近くのコンビニで、通帳に記帳すると20万円の入金が確認でき、すぐに引き出して入院費用を払えました。また急にお金が必要になったら使おうと思います。

旅行先でお土産を買うためにカードローンを利用しました

友人と格安バスで温泉旅行に出かけた際、ある程度はお金を用意していたのですが、現地で美味しい肉料理やスイーツを食べたり、観光スポットをまわっているうちになくなってしまいました。友人からお金を借りようかとも考えたのですが、そのせいで旅行の楽しい雰囲気が台無しになったら困ると思い、カードローンを利用することにしました。

 

スマートフォンで即日融資可能の金融機関に申し込み、借り入れは近くにあったコンビニATMから行いましたが、その日のうちに3万円を入手できたので、ほっとしました。おかげで、祖父母や両親のためにまんじゅうやチーズケーキ、茶碗などの食器類をたくさん買い込むことが出来ました。カードローン利用したことを、一緒にいた友人にも知られなかったので、変に気を使われることなく、旅行を楽しめて良かったです。

 

返済は給料が入ったその日のうちに全額まとめて行ったので、大した利息を取られることもありませんでした。もともと低金利の金融機関を利用していたこともありますが、余計な利息は出来るだけ払いたくないので助かります。フリーターの私でも利用できるのがカードローンの魅力なので、これからもお金が必要になったら申し込むつもりです。

生活費のためにカードローンを利用しました

専業主婦ですが、クレジットカードや税金の支払いで一時的に生活費が足りなくなって困っていました。夫の給料日まで2週間ほどありましたし、友人に借金をお願いするのは気が引けて、普段から利用しているネット銀行のカードローンを利用することにしました。

 

電話で確認したところ、夫の会社に在籍確認はせず、世帯年収や夫の勤務先を記入するだけで構わないということでした。私自身に職業がないため、限度額は最大でも50万円までということですが、2週間くらい乗り切るのでしたら、そんなに大きな金額でも構わないと考えました。

 

カードローンの申込は銀行の口座のサイトからになります。運転免許証があれば、その場で本人確認の書類が送信出来るので、早く済みました。平日の午前中に手続きをしたので、1時間もしないうちに銀行からスマートフォンに確認のお電話をもらい、夫が出社している間でしたので、借入のことがばれることはありません。

 

その後メールで審査に通ったという連絡をいただきました。私の場合は借入は初めてで緊張しましたが、インターネット上から手続き出来るので、人目に付かずに助かりました。利用限度額は30万円でしたが、十分な金額です。生活費に5万円ほど借入して、夫のボーナス時期と重なったので、事前返済をし3回ほどで返しました。早めに返したので利息もそんなに付かなかったです。

お役立ちサイト